カテゴリ
エコ見沼とは
ゴミ問題研究班
フィールドワーク班
イベント企画班
脱原発班
ひとつぶ新聞
コラボ活動
レクリエーションなど
お知らせ
プライバシーポリシー
お問合せ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
第一回ゴミトリしました!
   ~急きょ天候を考慮し日程を変更しましたが、なんとか参加者が揃いました~
e0177119_2158597.jpg


薄曇りの朝、東大宮東口からスタートしました。エコ見沼以外の方も含めて、総勢8人。
当初、駅の南北の二手に分かれて、、と予定していましたが、4人づつだと盛り上がりに欠ける?というのと、ゴミの量がけっこうありそうなので全員でまとまって拾おう、ということで、8人で線路沿いを南へ進みました。
e0177119_2210388.jpg
~まず、ブリーフィングです~


手作り腕章にウキウキ。。いつもの仲の良さも手伝って、最初は遠足気分です。
「ゴミトリ始まってますからねー。拾ってねー」と声を掛けると、みんなのスイッチが入りました。
生来の(?)ゴミ拾い好きが集まっています。それはそれは一生懸命で、細かいゴミも気になり、なかなか前に進めません。線路沿いにしゃがみ込み、草むらを漁って吸い殻を拾っているのでした。
ふと顔を上げると、休日の駅のホームです。電車待ちのたくさんの方々が見守っていました。

あんまりこだわりすぎると進めないので「目に付くゴミだけにしよう」と、ゴミの多いところを予めチェックした地図(ゴミトリ表)に従い先へ進みました。

ほとんどのゴミは、草むらと側溝に集まっています。
確かに、側溝や草むらは人目につきにくく、拾う人もそういないかもしれません。
拾う人がいたら申し訳ないなー、とは思ってくれているのでしょうか。
e0177119_2224456.jpg
~みんな必死に回収しております~


ある側溝にはかなりの土が堆積し、草ボーボー。側溝+草むらで、大変なゴミ捨て場です。
もう何年もそこにいるであろう立派な草を、みんなでずるずる抜きました。
まさに生きているような草でした。
あぁ、人がゴミを捨てなければ、草が繁っていたっていいんですけど。
草に申し訳ないです。

予定範囲を大幅に変更して、11時過ぎには公園で拾ったゴミの分類をしました。
それぞれ数を数えてから、見沼区の分別通りに分け、手分けして持ち帰りました。
e0177119_2232687.jpg
 ~本日回収したゴミです(タバコの吸い殻の多いこと!)~


曇っていたとはいえとても蒸し暑く、2時間近くも下を向いてゴミを拾うのは大変でした。
分類も落ちているゴミのことを知りたい、と思いやりましたが、なんだか腑に落ちない。
拾う範囲はもっとずっと狭めて、徹底的にきれいにしたほうがよかったかな?
反省はいろいろありますので、参加者の意見を聞いて次回から生かしていきたいです。

通りすがりのご年配の方が、嬉しそうに私たちを眺めていたのが印象的でした。
先は遠いですが、メゲズにこれからもゴミトリ続けます。
いつの日か、東大宮からゴミがなくなりますように!

今回のゴミトリのことを、「ゴミ問題研究ノート」(ひとつぶ新聞号外)にまとめます。
次回のゴミトリは、暑さが過ぎたころを予定しています。
お楽しみに〜!
[PR]
by ecominuma | 2009-07-06 08:45 | ゴミ問題研究班
<< 『ひとつぶ新聞』夏号(vol.... 『ぶんぶん通信no.1』上映会 >>