カテゴリ
エコ見沼とは
ゴミ問題研究班
フィールドワーク班
イベント企画班
脱原発班
ひとつぶ新聞
コラボ活動
レクリエーションなど
お知らせ
プライバシーポリシー
お問合せ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
脱原子力を訴え「NO NUKES FESTA」に参加
去る10月3日、エコ見沼の有志は明治公園にて開催された「NO NUKES FESTA 2009」に参加してきました。
e0177119_23464759.jpg

オープニング序盤は未明から降り続いた雨のせいかヒトもまばら。
「ちょっとさびしいね」なんていいながら会場を徘徊。
お客さんは少ないものの各地から原発問題などに取り組む団体などによる展示・出店はとても充実。飲食ブースもいろいろあるのがうれしい。

あちこちのブースに顔を出しているうちに天気は回復。気温もかなり上がった正午過ぎ、気づくと会場は大勢の参加者でにぎわっていました。
主催者におおよその参加者数を確認するとなんと「約7000人」(!)だとか。
「脱原発」「エネルギー政策の転換」をテーマにしたイベントでこれだけの人が集まるってすごいっす。。。
e0177119_23463452.jpg

さて、舞台ではさまざまなバンドによるミニライブで盛り上がる一方、さまざまなゲストによるトークも白熱。
今回の企画の呼びかけ人でもあるルポライターの鎌田慧さんは「今こそ政策転換が必要。脱原発を実現させ自然エネルギーへの転嫁で持続可能な社会を目指していこう」とアピール。
また、社民党の福島党首も発言者として参加。「(原子力政策に関して)現政権でやれることはたくさんある。耐震基準の見直しや、経済産業省と原子力安全・保安院とを分離させるなど、今取り組めることを進めていきたい」と発言。責任与党としての発言に参加者は注目していました。
e0177119_2347139.jpg


さて、二時間以上におよぶ集会後、公称7000人の大パレードが出発!
明治公園を出て青山通りと表参道を練り歩きながら代々木公園へと至る今回のパレード。街行く人々も興味津々。エコ見沼が混じった隊列は「サンバ隊」はとくに注目度が高かった様子。これを機に少しでも多くの人に原子力政策の問題点について考えてくれればな~なんて思いながらサンバのリズムを奏でてきました。
e0177119_23475348.jpg

e0177119_23481372.jpg

e0177119_23482020.jpg

こういう大きなイベントはそうそう取り組まれるものではありませんが、主催者・参加者・ギャラリーのみなさん一人ひとりが自分の想いを深め、広げていければきっと情勢を変えることができる、そう信じて帰路につきました。
[PR]
by ecominuma | 2009-10-06 23:49 | コラボ活動
<< 体験型社会科見学~ソメミリ~ 第一回六ケ所勉強会準備会を行い... >>