カテゴリ
エコ見沼とは
ゴミ問題研究班
フィールドワーク班
イベント企画班
脱原発班
ひとつぶ新聞
コラボ活動
レクリエーションなど
お知らせ
プライバシーポリシー
お問合せ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ノモヒね無事に終了しました
10月23日、東大宮コミュニティセンターにて行われた
ノーモアヒバクシャを願うイベントは無事に終了しました。
当日ご来場くださいました皆さま、ご賛同いただきました皆さま、
そして、関わってくださった全ての方々、ありがとうございました。

おかげさまで、100名近くの方にご参加いただき、イベントは盛り上がりました。

「ヒバクシャ世界の終わりに」の上映に続き、映画にも登場された
肥田舜太郎先生をお迎えして講演をしていただきました。

当初、講演50分の質疑応答30分を予定していましたが、先生のお話が
尽きず、質問を一人の方からのみにさせていただくことになってしまいました。
「先生のお話をもっと聴きたかった」とのご感想もいただきました。

ホールでのイベント終了後、
2階の和室へ移動し、40名近くの方が座布団を並べ、肥田先生を囲んで交流会を
行いました。交流会では、講演で話しきらなかった出来事をお話いただきました。
また、参加者の方々からの福島原発事故後の体調不良を訴える子どもの相談など、
とても熱心に聴き入る姿が目立ちました。

また、ロビーでは募金のご協力、「ヒバクシャ」関連の物販、千羽鶴のご協などを
行いました。
集まった募金5200円と物販の売り上げの一部は未来の福島子ども基金へ
寄付いたします。

皆さまに持ち寄っていただいたり、当日折っていただいた鶴は、約850羽でした。
これを、つなげて千羽鶴にして広島平和記念公園内にある「原爆の子の像」へ贈ります。

ノモヒねが、ノーモアヒバクシャ実現へのきっかけの一つになったことを信じてます。
熱い思いがあれば、誰にでもできる。
「誰かがやってくれるだろう」なんて思ってても誰も動きません。
今、自分にできることをやりましょう。
なんでもいいです。
例えば、講演会、上映会、写真展など、企画していただき、
ノモヒねの輪ををどんどんつなげて広げていっていただきたいと思います。
今は一人でも、必ず仲間は出来るはずです。
まずは、独り言でも良いので思いを声にしてみてください。


ノモヒね実行委員会 豊田由佳(みやこ)
[PR]
by ecominuma | 2011-10-30 22:22
<< ノモ匕ねの千羽鶴が広島に届きました ノーモアヒバクシャを願うイベント >>