カテゴリ
エコ見沼とは
ゴミ問題研究班
フィールドワーク班
イベント企画班
脱原発班
ひとつぶ新聞
コラボ活動
レクリエーションなど
お知らせ
プライバシーポリシー
お問合せ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
望年会、了。
19日夜、重松荘シアターにて望年会(忘年会)を開催しました。

当シアターのオーナーが謳う「六畳一間の無限空間」はまさにホンモノ。
六畳間に詰まったメンバーやお客様は15名(!) よく窒息しなかったな。。。
スマイルシェアセレクトの上質なお酒と贅沢極まるお鍋やおかずを囲んで深夜まで盛り上がりました。


各々、一年間を振り返った思い出話や、どーでもよいお話で延々と盛り上がりました。


今年も残り僅か。
いろんなヒトに、いろんなコトが、いろんなトコロで起きたこの一年。
みんな笑顔で素敵な新年を望みつつ、日付変更線を越えるころ宴は幕を閉じました。

e0177119_175287.jpg


e0177119_9454294.jpg


e0177119_17542132.jpg


e0177119_17562698.jpg


e0177119_17565191.jpg

[PR]
by ecominuma | 2009-12-20 09:48 | レクリエーションなど
第3回六ヶ所勉強会準備会の報告と次回の予定
11月27日(土)重松荘シアターにて第3回六ヶ所勉強会準備会を行いました。

プレゼンの内容を「再処理工場の基礎知識」と、「食の安全」の二つに絞りましたが、
今回初参加の方のご意見を参考にし、「内部被曝」の話も入れようという案が出来ました。

「内部被曝」
とは、放射能に汚染された空気を吸ったり、水を飲んだり、食物を食べることに
よっておこる被曝です。原爆などにより、外側から放射能を浴びるのは「体外被爆」です。
「内部被曝」は、微量の放射性物質が長期にわたって体内から放射し続けます。
放射能に汚染された食物を食べ続けることによって遺伝子が傷つき、ガンなどの病気に
かかるリスクが高まるのです。
※内部被曝についてもっと知りたい方はこちらの本をおすすめします。
参考書籍(クリックされますと紹介ページをご覧になれます):【『内部被曝の脅威-原爆から劣化ウラン弾まで』肥田舜太郎/鎌仲ひとみ(ちくま新書、541)】

次回準備会のお知らせ


〈第4回六ヶ所勉強会準備会〉
日時:12月12日(土)19:00頃~
場所:重松荘シアター
内容:●スーパー産地調査の集計
    ●再処理工場の基礎知識のプレゼン
    ●プレゼンの流れの下地作り

スーパーマーケット産地調査


先日、市場の見学を行いましたが、「消費者目線」で調査しようということで、
スーパーマーケットにならぶ食品の産地調査を行うことにしました。
品目は、にんにく、りんご、長いも、ごぼう、わかめ、カキ の6品目。
野菜は青森県産のもの、わかめとカキは三陸産(岩手、宮城、青森)のもの
がそれぞれの品目の中で、何種類中何種類あるかを数えるというものです。

勉強会本番について

勉強会の日程が2010年2月13日(土)に決まりました。
市議会議員の方々に対して、どれだけ再処理工場が命を脅かし、不必要なものだと
いうことを的確に伝えられるか、今後よりいっそう準備を真剣に取り組んでいきます。
[PR]
by ecominuma | 2009-12-07 00:09 | 脱原発班