カテゴリ
エコ見沼とは
ゴミ問題研究班
フィールドワーク班
イベント企画班
脱原発班
ひとつぶ新聞
コラボ活動
レクリエーションなど
お知らせ
プライバシーポリシー
お問合せ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
『祝の島』からはじまるコタツだんらんツアー
山口県上関町祝島(いわいしま)の島民達の生きる姿を撮った
ドキュメンタリー映画『祝の島』(監督:はなぶさあや)

祝島の対岸に原子力発電所が建設されようとしている

命の海を守るために闘い生きる島の人たちの
生命力溢れる姿が眩しい

e0177119_232415.jpg

            お知らせ

  『祝の島』からはじまるコタツだんらんツアー』

       in見沼 byエコ見沼
    2011年1月10日(成人の日)

場所:
さいたま市東大宮コミュニティセンター 和室

※会場までは公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの方は、近くのコインパーキングをご利用ください。

時間:14:00~17:00

参加費:1600円(プチツアーパンフ付き)

みんなで一緒に映画『祝の島』を観た後、コタツでだんらんするように
語り合いましょう。

※お申し込みは12月30日までに下記へお願いします。
まだ席に余裕がありますので、お気軽にお問い合わせください。
(定員になり次第締め切らせていただきます)


TEL・FAX:
048-637-7250

e-mail:
ecominuma@gmail.com
(エコ見沼事務局・豊田)


 『祝の島』からはじまるコタツだんらんツアーとは?

コーディネーターの坂山保之さんが、撮影機材をかついで
上映会場へ赴き、 『祝の島』を上映してくださいます。
上映後、コタツを囲んでだんらんするように参加者でお話をする会です。
大きな上映会とは違って、20人程度の顔の見える企画です。
 『祝の島』からはじまるコタツだんらんツアーvol.1関東は、
2010年11月から2011年1月まで各地を回っています。

❃こちらもご覧ください ⇒ 『祝の島』HP 
[PR]
# by ecominuma | 2010-12-01 22:42 | お知らせ
ひとつぶ新聞11月号vol.10出来ましたー。
ひとつぶ新聞 11月号 vol.10 できました!
お知らせしていませんでしたが、vol.8.9.も出てましたっ!

e0177119_6331355.jpg


最新号の11月号 vol.10もくじ

◎『ジリミリを終えて2010』---この夏、大成功に終わった「ジリミリ」。
 6年目を迎え、成熟した感のあるこのお祭り。「言いだしっぺ」である
 やすこさんにこれまでの歩みを振り返ってもらいました。

◎『良い物レポート エコナプ』---耳にはするけど今ひとつ手が出ない…、
 どんなメリットがあるの? そんな”エコナプキン”について、岡さんの
 勇気あるレポート。

◎コラム『鳥ばなし』その2---藤石さんの野鳥観察コラム、その2回目は
 「オナガガモ」です。

◎『ひとつぶコラムー祝島と上関原発』---今まさに原発建設をめぐって、
 揺れている祝島。反対する島民と上関の海の埋め立てを強行する中国電力が
 衝突しています。ぜひ皆さんに知っていただきたいです。
 祝島島民の会brog http://blog.shimabito.net/ 

◎映画『祝の島』だんらんツアーのお知らせ。
 2011年1月10日、映画『祝島』のミニ上映会+おしゃべり会を開催します。

◎『年次総会報告』---今年も恒例の年次総会。豊田代表による報告です。

★いったい、この新聞のどこに時間がかかるのか。まいどギリギリ、なんとか
3か月にいっぺんの発行を続けてまいりました。
今回などは、印刷の当日、輪転機の前までやってきて、それでは…、と原稿を
取り出したときに茫然自失、噴汗の空欄を発見し、あわてて、記事を書き足す、
という始末。編集のぼくさえいなければ、毎月発行も可能なのではないか、
と思われます…。が、ともあれ、内容充実!のひとつぶ新聞vol.10をお手に
どうぞ。稲見

ひとつぶ新聞は見沼のフレンドショップでお求め下さい。
071.gif【取り扱い場所など『ひとつぶ新聞』に関する基本情報はこちら】
071.gif
[PR]
# by ecominuma | 2010-11-06 16:00 | ひとつぶ新聞
『1/4の奇跡』上映会・より子ライブのお知らせ
養護学級教諭 山元加津子と出会う子ども達や
その周りにいる人々と心あたたまるつながり
人はなぜ完全ではないのか?宇宙はなぜ完全ではないのか?
いのちの神秘を描く涙と感動のドキュメンタリー映画 
『1/4の奇跡』

×

小児ガンを患い病院で幼少期を過ごし、22歳で卵巣腫瘍を患ったより子
そんな経験をしてきたからこそ発せられる「生きる」ことへのメッセージ
自分自身が「小児ガン」を語ることで大きな"意味"が生まれることを知り、
使命としてライブ活動をするシンガーソングライター 『より子』

【日 時】
10月9日(土曜日)

【会 場】
越谷サンシティー小ホール
越谷市南越谷1-2876-1
(JR武蔵野線南越谷駅、東武伊勢崎線新越谷駅より徒歩3分)

【定 員】
490名
(映画は日本語字幕がありますので耳の不自由な方もご参加頂けます)

【タイムテーブル】
12:00
開場(受付開始)

12:45~13:00
開演 オープニング

13:00~14:45
映画『1/4の奇跡』上映

14:45~15:00
休憩

15:00~15:45
より子ライブ

15:45~16:15
コラボトークイベント
<より子×チーム宇宙(そら)の約束 代表 大島秀夫(しま平)× 副代表 武市に
ぽぽ>

【入場料金】
一般 2000円(事前予約)
2500円(当日)

高校生以下 1000円(事前予約)
1500円(当日)

【主催】
みんながキラキラ輝くために 実行委員会

【ご予約アドレス】
y@toyama-hoken.deci.jp
(お名前・ご住所・お電話・お申し込み枚数をご連絡下さい)

【ブログHP】
http://ameblo.jp/10gatu9niti/

【共催】
チーム『宇宙(そら)の約束』
市民活動つなげる会・越谷
(有)てっぺん
虹の天使プロジェクト
ニコニコクラブ
NPO法人 たすけ愛すぎと

【後 援】
越谷市社会福祉協議会

【支援先】
NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク
(利益は全額、小児がんの子供たちを支援するゴールドリボン・ネットワークに募金さ
せていただきます)

【連絡先】
みんながキラキラ輝くために 実行委員会
実行委員 遠山 幸宏(090-3591-9056)
田中真奈美(090-7172-8728)
市民活動つなげる会・越谷
安齋 作子(090-4453-2034)

より子 プロフィール

1984年、栃木県生まれ。(現在26歳)
2歳のときに右側の卵巣に悪性の腫瘍ができ、摘出手術を行い5歳まで入院生活を送る
.退院した後、一緒に病院ですごした友達はほとんど旅立ってしまった事実を聞きショ
ックを受けるが、その友達が応援してくれていた夢を絶対に叶えたい.その思いからプ
ロのミュージシャンを目指し、来る日も来る日も曲を作り続ける。
そして、中学生の時に音楽事務所からの誘いを受け、16歳でデビューファーストアル
バムは、インディーズにも関わらず異例の売り上げ9万枚を記録
その後も全国ツアーのチケットも完売と順調だったが、22歳の時に残っていた左側の
卵巣に腫瘍がみつかる…
しかし、検査の結果腫瘍は良性
そのとき頭に、ふと小児病棟にいた友達の顔が浮かんだ。
“自分の唄を聞いて 元気になって… その人が夢を叶えてくれるなら…”
そんな思いから、再びミュージシャンとして歩み出した。

(8/3日、日テレ「魔女たちの22時」に出演されました)


そして、にぽぽさんが悩んでいるときに涙した曲は
これ!!

『それでいいのですか?』
http://www.youtube.com/watch?v=blGy1X8xnJg
歌詞:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B08649
[PR]
# by ecominuma | 2010-09-30 07:40 | お知らせ
上映会のお知らせ
ジリミリのコアスタッフから上映会のご案内が届きましたのでお知らせします。


『世界を癒す13人のおばあちゃん ~これからの七世代とさらに続く子供たちへ~』
9・26 蓮田上映会
e0177119_2321019.jpg



~INTRODUCTION~
13人のグランマザーたちは、メディスン・ウーマンでありシャーマンである。
自然の声に謙虚に耳を傾け、自然界の掟を守り、感謝の祈りを捧げながら、自分たちの暮らしのなかで薬草を大切に扱ってきた。一方で多くの人々は物質的な世界を求め、その結果、自らの手で自らの命を破滅させている。地球が病んでゆくことを、グランマザーたちは真剣に心配している。地球の未来の子供たちのことを真剣に想っている。もう、地球は手遅れになるかもしれない。いや、手遅れにならないようにと、グランマザーたちは共につながり、世界にむかって動き始めた。

....今年10月、この映画にも登場するグランマたちが地球を想い、祈りをささげるために奄美に集います。これにあわせ、埼玉でこの上映会を企画。当日はこの作品にも登場するクララ・シノブ・イウラさんのトークライブを予定。また、上映の合間などで、クリスタルボールのチャンティングやお寺の副住職の平和の祈りなども行う予定です。
またとない機会だと思いますので、関心のある方は是非お越しください。


~INFORMATION~
『世界を癒す13人のおばあちゃん ~これからの七世代とさらに続く子供たちへ~』(原題『FOR THE NEXT 7 GENERATIONS』) 蓮田上映会

【日 時】 2010年9月26日(日)
【会 場】 慶福寺 (埼玉県蓮田市蓮田45-1) url:http://www.keifukuji.org/ *20台分の駐車場アリ 
【参加費】 500円+ドネーション(寄付)  当日会場にてお支払下さい。※この会はボランティアによって運営されています。収益金は必要経費を除き、すべて「グランマザー」の活動のために使われます 

【問合せ】三田安彦 080-3548-0333 rainbow-tree@i.softbank.jp 田中淳一 080-3445-8542 jun_ichi5@hotmail.com
[PR]
# by ecominuma | 2010-09-07 23:30 | お知らせ
ジリミリ2010のお知らせ!
見沼の新名物!今年も開催しま~す。
アースギャザリング ジリミリ2010


サンスクリット語で「いろいろ」とか「カラフル」という意味を持つ「ジリミリ」。それぞれの個性を活かして盛り上げるこのお祭り、肌身で地球との一体感を味わえるイベントです!
なお、エコ見沼はイベントの運営とあわせて出展者としても参加しちゃいます!
詳細は後日!
【昨年の「ジリミリ」のレポートはこちら】

【!お願い!】
エコに徹したこのお祭りは原則としてお車でのご来場はご遠慮いただいております。
また、出展者におかれましてもスタッフの指示する場所に駐車されるようにお願いします。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします!


以下、イベント概要です

アースギャザリング ジリミリ
運営:ジリミリ実行委員会
日時:8月8日(日曜)14時~(入場無料)
場所:カフェ&ギャラリー「温々(ぬくぬく)」広場 【地図】

e0177119_981962.jpge0177119_983847.jpg
[PR]
# by ecominuma | 2010-06-19 08:59 | イベント企画班